FXを利用する上で重要な「出金」

FXの売買で一番気になる部分は、出金に関してだと思います。
日本にあるFX証券会社は簡単に出金申し込みをすることができるのですが、国外にあるFX証券会社は数種類の出金申し込みがあります。

出金

まず、最初にカードを使いお金を振り込み、売買を行って出たプラスの収支を出金する時は、カードから振り込みを行ったお金はカード自体に戻された形になります。これでプラスマイナスゼロとなります。

それ以外のプラス収支の出金については、自分の好きな振込先を決めることができます。
しかし、これは日本とも同じですが、プラス収支を出金する場合は振り込みの手数料がかかってしまい日本と国外の振り込みなので手数料が高いのも気を付けなければいけません。
次に、国外の口座へ現金書留や為替との形を取り国外の口座へ振り込みした時ですが、カードみたいにルールがあるわけではないので、書類に記入しそれを送ることで出金する事が出来ます。なので、こちらも自分で指定した口座へ出金する事が出来ます。
この時もですが、カードの時と同じように振り込みの手数料がかかってしまうので、金額を計算のうちに入れておかなければいけません。

では、カードを使ったら個人情報が流れ出てしまうのが心配だったり、現金書留や為替を国外へ送るのが心配だと思う人もいるでしょうがその場合は、他の企業を間に入れ取引を代わりに行ってくれる会社を利用した時ですが、こちらもまたカードのようなルールなどはなく書類に記入し送ることで出金をすることが出来ます。

しかし、こちらの利便は振り込みにかかり手数料も他と比べ安くなる場合があります。
国外にも多くのFX証券会社があるのでどれを信用していいのかわからない部分やその会社によって手数料の差が大きく出るので知らなければいけません。
これを怠ったたりすると、せっかくプラス収支が出たのに手数料でマイナスになってしまったとなっても仕方ないのです。

まず注意しなければいけないのが普段の売買と違った手数料が出る場合もあるのですが買った時に勝手に乗せられる金額があるのでこれに気を付けなければいけません。
次に、国外の証券会社から振り込みする際の手間賃がかかります。この手間賃は先ほども説明した通り会社によって手間賃の金額の上下があるのでここをきちんと見ておかないととんでもない手間賃を取られたりします。

出金

また、国外の証券会社では客を集めるためにあえて安そうな広告を出している場合がありますがこれは、内容次第ではこの証券会社を使うより他の口座へ振り込んだ方が良かった場合もあります。
また、手間賃が高いのをもっと高く表示し、そこでいつもの手間賃の金額へと下げているパターンもあるのです。これでは何も安くはなっていないので騙されないようにしなければいけません。

日本と国外では手間や時間なども全く異り日本の対応が良すぎて不満を感じる人が多くいるかもしれませんが、その分国外の良い部分もあるので自分で判断しなければいけません。

MENU